ナイトブラのバストアップ効果と昼ブラとの違いは?

ナイトブラと昼ブラ違い

ナイトブラの販売ページをネットで見ていると
よくバストアップ効果があるように書いてありますが
バストアップ効果はほぼ無しと言ってもいいでしょう。

 

でも、今まで脇や背中へ流れていたぜい肉を胸に戻すことで本来の胸の大きさへ戻すことは出来ます。

 

小さいなと思っても意外とお肉を寄せて上げると胸が大きくなった!
実はそれ、あなた本来の胸の大きさだったりするんです

 

また、ナイトブラと昼ブラの違いは全体を包み込むか、垂れるのを抑えるかなど構造的に大きく違っています。

 

そのため、昼ブラをナイトブラ代わりに使うのは避けた方が良いんです。
昼ブラを寝るときに使うと寝苦しかったり、フックの部分が後になったり、逆に胸がちいさくなってしまうこともあるんです。

 

ココではナイトブラと昼ブラの違いを中心に説明していきたいと思います。

ナイトブラを着けないとどうなるの?

ナイトブラ

寝るときにブラジャーを着けないと言う女性は実に多く
調査によると7割の人がブラジャーなしに寝ているんです

 

寝るときにブラジャーを着けない理由
胸が押さえつけられる感じで苦しい
ひもが跡になる
ワイヤー部分がキツくて嫌だ
寝るときくらい解放されたい

 

やっぱり、寝苦しかったりキツいのがいやなどの理由が多いようです。

 

 

寝ているときに寝返りを打つと胸もそれに合わせて動きます

 

動いたときに胸に大きく負担がかかってしまうんです。

 

胸を支えるクーパー靱帯というものがあります

 

胸がうあむきにつんとハリのあるのはクーパー靱帯が胸を支えているから

 

でも、寝ているときに胸が動くとクーパー靱帯に負担がかかります

 

あっちへ伸びたり、こっちへ伸びたり

 

そうしているうちにクーパー靱帯が伸びてしまい

 

垂れ乳の原因になってしまう

 

また、寝ているときは胸は脇の方へ流れたりします

 

その時に本来胸にあるはずの脂肪が脇や背中へ流れてしまうこともあるんです。

 

バストサイズを下げ、垂れた胸へとまっしぐら

 

それを避けるために寝ているときはナイトブラをする必要があるんです

寝るときに昼ブラを着けても良いの?

睡眠

じゃぁ、寝ているときに昼ブラを着けて寝れば良いじゃないか!
そう思うかもしれません。

 

でも、昼ブラはナイトブラとは違っているんです。

 

どのような点で違っているかというと

 

昼ブラは基本的に立っているときに着けているもの

 

その時、胸は重力によって下に引っ張られます

 

だから、胸を支えるような構造になっているんです。

 

寝ているときは胸は横や上にも動きます。

 

寝ているときに昼ブラだと横流れ等に対応できないんです

 

また、昼ブラはワイヤーなどでしっかりと胸を支えるように作られているため

 

ナイトブラよりもキツい。

 

寝ているときもキツい昼ブラを着けていると血行不要に陥る可能性もあるんです

 

昼は昼ブラ、夜はナイトブラとしっかり使い分けた方が良いでしょう

ナイトブラと昼ブラは構造が違います

ナイトブラと昼ブラは構造が違っています。

 

昼ブラは下への落ちるのを支えるためバストの下を中心に生地が厚くホールドしやすくしてあるのが一般的です。

 

やはり、ノンワイヤーよりもワイヤーがある法がしっかりとキープできるのでワイヤを使っているものが多い。

 

ナイトブラは胸が全方向どこへいってもしっかりと場ストアをキープしておかないといけないので

 

バスト全体を覆うような構造を砕氷しています

 

特に脇や等へ流れないようにホールド感が強くなっているものが多い

 

また、バストを潰さないようにカップ部分の圧が低いこともあります。

ナイトブラを昼ブラ代わりに着けるのは良いの?悪いの?

ナイトブラを昼ブラ代わりに着けるのはあまりおすすめしません

 

一般的なナイトブラは着心地重視

 

記事も薄く作られていて乳首が透けてしまうものもありますし

 

パッドがないものもあります。

 

また、胸の下を抑える力が昼ブラよりも弱い場合もあるため

 

垂れ乳の原因になることもあるんです。

 

しかし、ナイトブラでも昼ブラとして使えるものもあります

 

パッドがしっかりと付いていいて、バスト下部のキープ力もある

 

それでいてカラー展開もしていたりする物があるので

 

そんなナイトブラなら使ってもいいのではないでしょうか?

ページの先頭へ戻る